UTM(統合脅威管理装置)でネットワークセキュリティ強化!
ウイルス対策やマイナンバー対策ならUTMが最適! インターネットセキュリティ対策なら【オフィスセキュリティ.com】

 
UTMの導入で外部のセキュリティを強化!情報漏えい・データ改ざん・不正送金をブロック!!
顧客情報/マイナンバー情報
ホームページデータ/社内データ
ネットバンキング/ID・パスワード

UTM(総合脅威管理装置)とは?

UTMとは、ネットワークに関わる複数のセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合し、ネットワークの統合脅威管理を行う装置をUTM(Unified Threat Management)と呼びます。
システム担当者が不足になりがちな中小企業でも、ネットワークに関わるあらゆるセキュリティ機能を搭載しているUTMなら、管理・運用コストを掛けずにネットワークのセキュリティ強化をする事が出来ます。
また、大半のUTMが自動更新機能付きなので、「更新漏れ」によるウイルス感染被害を未然に防ぐ役割も果たします。

UTMの機能…ファイアウォール・ウェブウイルスブロック・メールウイルスブロック・メールスパムブロック・URLフィルタ

UTM(総合脅威管理装置)動画

多くの企業では、ウイルス感染対策としてウイルスソフトを導入しています。
しかし、日々進化していくウイルスに対してウイルスソフトだけでは、セキュリティ対策は十分とは言えません。
UTM(統合脅威管理装置)は、ウイルス対策に必要な機能を搭載し、ネットワークの入り口でウイルスをブロックすることでウイルス感染を未然に防ぐ事が出来ます。

オフィスネットワークセキュリティUTM(総合脅威管理装置)とは…?

動画でわかりやすく解説いたします!

 

ウイルスソフトだけではウイルス被害を未然に防ぐことは出来ません!

企業にネットワークに関するアンケートを実施したところ、「ウイルス対策を行っていますか?」という質問に対し、多くの回答は「ウイルスソフト」or「アンチウイルスソフトを導入しているからネットワークセキュリティは大丈夫!」という回答が半数を占めていました。
しかし、ウイルスソフトだけではネットワークのセキュリティは万全とは言えません。ウイルスソフトはPC内に侵入したウイルスを駆除・ブロック、UTMはPC外部から侵入しようとするウイルスを駆除・ブロックする役割があります。
ウイルスソフトとUTMの役割をそれぞれ把握する事が重要です。

UTMとウイルスソフトは一体何が違うの…?パソコンを家、ウイルスを蚊に置き換えて解説します!

ウイルスソフトのみ
ネットワーク内に侵入したウイルスを内部で削除
UTM+ウイルスソフト
ネットワーク内に侵入しようとするウイルスを外部から削除

企業のウイルス対策状況とウイルス感染状況

多くの企業では、利用しているPCにウイルスソフト・総合セキュリティソフトをインストールしウイルス対策を行っています。
しかし、ウイルス・感染経路などに対してウイルスソフトでは対処出来ないウイルスが日々開発されています。実際にウイルスソフトなどを導入しているにも関わらずウイルス感染が確認されている企業は企業全体の約7割にも及んでいます。
日々進化していくウイルスに対してウイルスソフトだけでは十分な対策とは言えません。

企業のウイルス対策情報

あなたの企業はウイルス対策をおこなっていますか?

2014年度 トレンドマイクロ社調べ

グラフの内訳はこちら

ウイルスソフトを利用し、
常に最新の状態にしている
ウイルスソフトはその名の通り、Eメールなどから侵入してくるウイルスを駆除するソフトウェアであり、インターネットからの攻撃など(不正アクセス、フィッシング詐欺など)には効力を発揮しません。インストールしたウイルスソフトのアップデートを行いウイルス情報など最新の状態に保つ事でPC内部に侵入したウイルスを駆除・ブロックしてくれます。
総合セキュリティソフトを利用し、常に最新の状態にしている
総合セキュリティソフトはウイルス感染、不正アクセス、フィッシング詐欺などウイルスソフトでは防げないネットワーク脅威に対応したセキュリティソフトの役割をし、定期的にアップデートを行うことでPC内部に侵入しようとするネットワーク脅威を駆除・ブロックします。
その他 アップデートしていない、ウイルスソフトを使っていない
インターネットを利用していない場合、ウイルス感染率はそこまで高くはないですが、インターネットを利用していた場合、ウイルス感染してしまう確立が最も高い状態になります。

しかし多くの企業が対策していると応えた一方で約7割の企業がウイルス感染などの被害を受けています!

企業のウイルス感染情報

あなたの企業はウイルスに感染し、実際に被害にあったことがありますか?

2014年度 トレンドマイクロ社調べ

グラフの内訳はこちら

ウイルス感染、情報漏えいなどセキュリティ事故が発生
約7割の企業でセキュリティ事故が発生しています。ネットワークセキュリティの脆弱化、ウイルスソフトの更新漏れにより、セキュリティ事故が主な原因として挙げられています。
セキュリティ事故発生無し
主な対策として、定期的なウイルスソフトのアップデート、社内に対しインターネット利用方法の周知徹底、その他セキュリティ機器の設置が挙げられています。

セキュリティ事故の主な原因として人為的な操作ミスが挙げられますが、 その一方でインストールしているウイルスソフトのアップデート漏れ、ウイルスソフトの脆弱化などシステム担当者不在によるセキュリティ事故が増加傾向にあります。
UTMはネットワークセキュリティに必要な機能を搭載し、さらにアップデートも自動で行うので、システム担当者の不在になりがちな中小企業で多く導入されています。

PCウイルス感染による、想定される被害

ウイルス感染による被害は軽微なものから、情報を削除・破壊・外部流出させるもの、社内ネットワークを麻痺させるような重大なものまでさまざまであり、その被害を予測する事はできません。
ウイルス感染の被害はそれだけに留まらず、顧客のPCなどにウイルス感染し場合、社会的信用の失墜にも繋がり、最悪事業の継続すら危ぶまれます。
ウイルス感染した場合、常に最悪の状態を想定し対策を行わなければいけません。

ウイルス感染により想定される被害…データ改ざん・情報漏えい・不正送金

不正送金被害のほとんどがネットバンキングで、
被害は年々傾向にあります

ネットバンキング被害報告 法人被害額は1年で約10倍

ネットバンキングを利用した不正送金被害は2013年度は9,800万円、2014年度は10億8,800万円と1年間で被害は10倍と大幅に増加しています。
各金融機関や警視庁のホームページからも不正送金に対する注意を促すなどの対策を行っていますが、近年不正送金の手口は巧妙化しており、金融機関を装う偽のメールネットバンキング利用者に送信しID・パスワードを盗み出す手口や、既にウイルス感染しているPCからID・パスワードを盗み出す手口など、被害は増加の一途を辿っています。今企業一つ一つにネットワークセキュリティの見直しが求められています。

日々深刻化していくネットバンキング被害もUTMなら未然に防ぐ事が出来ます!

近年パソコンへのウイルス感染が原因でネットバンキングにアクセスする際、入力したID ・パスワード等が第三者に取得され、それらのID・パスワードを不正に利用し、他人名義の銀行口座へ不正送金を行う不正アクセス事案が多発しています。
ネットバンキングに関するウイルス感染もUTM(統合脅威管理装置)を設置することで未然に防ぐ事が可能です。

UTMとウイルスソフトの併用で
ウイルス感染を未然にブロック!!

UTM(統合脅威管理装置)はオフィスのPC利用台数・ご利用方法・サポート年数などメーカー毎に製品内容はさまざまあります。
オフィスセキュリティ.comではお客様のご利用ニーズに合わせたUTMを取り揃えています。さらに初めてUTMを導入する方には無償でUTMの選定を行いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

当サイト限定
Wキャンペーン実施中!!

さらに!オフィスセキュリティ.comなら

当サイト限定Wキャンペーン実施中!!UTMが最大50%OFF

ネットワークセキュリティ見直しキャンペーン
UTM導入費用を最大50%OFF
オフィス新設キャンペーン
ビジネスフォンと複合機セットで導入すると!UTM導入費用を最大50%OFF

オフィスセキュリティ.comなら現在のネットワークセキュリティに不安がある方、起業に伴いOA機器の導入を検討している方など、様々なニーズのお客様へUTM・OA機器を格安で導入出来るキャンペーンを実施しています!

ページTOPへ