ネットワーク被害に関わる最新情報が満載
ウイルス対策やマイナンバー対策ならUTMが最適! インターネットセキュリティ対策なら【オフィスセキュリティ.com】

 
プロのアドバイスで悩みや疑問を解決!セキュリティに関する最新情報をお届け!オフィスセキュリティお役立ち情報

ネットワークセキュリティ強化に必要不可欠であるUTMの説明から、PCウイルスに関する情報、ネットバンキングの被害や手口まで、ネットワークセキュリティに関する最新情報をお届け致します!

\当サイト限定キャンペーン実施中/今ならUTM導入が最大50%OFF

これからの時代に抑えておきたいネットバンキングのメリット・デメリット

2015-12-17(木)08:16

Category:ネットバンキング

 ビジネスチャンスを逃さないビジネスフォンで会議通話!

ITが発展してきたこれからの時代、インターネットを通じて金銭のやり取りを行う「ネットバンキング」が一般化してくると考えられています。インターネットを経由することにより、いくつかのメリット・デメリットが生まれました。それらについて解説します。

(おさらい)ネットバンキングとは

そもそも、ネットバンキングとは何なのでしょうか?大雑把に言ってしまえば、銀行で行うお金の取引をインターネット上で行うことすべてを指します。お金の出し入れはもちろん、残高照会や明細書の紹介もネットバンキングです。インターネットで金銭の取引を行いますので、インターネットの特性により通常の窓口・ATMとの取引とは違うメリット・デメリットが生まれています。

ネットバンキングのメリット

これらのメリットは、まず「現実の銀行に行かなくてよい」というところです。ATMはコンビニエンスストアにも設置されており便利ではありますが、ネットバンキングならばパソコンどころかスマートフォンの操作で残高照会を行うこともできます。この手軽さがネットバンキングの最大のメリットです。また、銀行によっては24時間のネットバンキングに対応していたり、手数料が低く設定されていたりというメリットがあります。

ネットバンキングのデメリット

ネットバンキングのデメリットは、「現金を手に入れることができない」という場合があることがあげられます。実際の銀行の窓口に行けば、当然ながら現金を引き出すことはできます。しかし、ネットバンキングではクレジットカードの支払いや残高の照会、振り込みや振り替えを行うことはできますが、ATMまで行かないと現金を手にすることはできません。日ごろの生活でクレジットカードではなく現金をよく使う場合には、ネットバンキングのデメリットを大きく受けることがあるかもしれません。また、ネットバンキングを利用する場合、IDやパスワードの漏えいなどのセキュリティ面が気になるという方もいますが、どの銀行もネット上のセキュリティには徹底しているようで、全世界的にもネットバンキングで大きな問題が起こったことはありません。しかし、手軽に利用できる分、警戒は必要なことを忘れないようにしましょう。

まとめ

現金が必要な場合を除いて、お金の取引では、ネットバンキングはとても便利な手段の一つです。生活費の支払いとしてクレジットカードをよく使う方にとっては、銀行に全く行かなくても済むかもしれない便利な取引方法の一つですが、IDやパスワードが漏れてしまうとそれだけで自分のお金を使われてしまうかもしれないという危険性もあります。パソコンやソフトのパスワードを書いて付箋に貼っておく、ということをしている人が少なくはありませんが、これからネットバンキングが一般化してくる場合、「パスワード」はより一層重要なものになってくるということをきちんと覚えておくことが大切でしょう。

ページTOPへ