ネットワーク被害に関わる最新情報が満載
ウイルス対策やマイナンバー対策ならUTMが最適! インターネットセキュリティ対策なら【オフィスセキュリティ.com】

 
プロのアドバイスで悩みや疑問を解決!セキュリティに関する最新情報をお届け!オフィスセキュリティお役立ち情報

ネットワークセキュリティ強化に必要不可欠であるUTMの説明から、PCウイルスに関する情報、ネットバンキングの被害や手口まで、ネットワークセキュリティに関する最新情報をお届け致します!

\当サイト限定キャンペーン実施中/今ならUTM導入が最大50%OFF

2016年1月の記事一覧

あなたは知ってる?インターネット接続に関する用語を解説

2016-01-06(水)08:00

Category:インターネット

 ビジネスチャンスを逃さないビジネスフォンで会議通話!

インターネットに接続する際に、接続速度というものが存在しますが、接続速度が早ければ早いほど動画も快適に視聴でき、ホームペーシの閲覧もサクサクになると言われています。今回はインターネット接続の回線速度について解説します。

そもそも回線速度の仕組みとは?

回線速度は例えるなら、新幹線の最高速度みたいなものです。目的地に早く到着したいのならより早い速度の出る新幹線に乗れば乗車時間も短縮されますよね。つまりホームページの表示や動画などのダウンロードも同様に、ホームページや動画のデータを提供している場所へ取得しに向かっているので、回線速度というものがキーワードになります。快適にインターネットを行うにはお使いのパソコンの性能など利用環境に左右されることもありますが、その際、回線速度が重要となっていることはお分かり頂けますでしょうか。また、上り・下りと速度の表記が異なる場合がありますが、インターネットの利用方法が動画の視聴などがメインになるのなら、下りの速度を重視したほうがよいでしょう。

速度の単位は?

速度の単位は“◯◯Mbps”です。代表的な数字を小さい順で表すと、40Mbps・75Mbps・100Mbps・1,000Mbps・2,000Mbpsなど様々な速度で提供されています。数字が大きければ大きほど回線速度は早いと言っていいでしょう。速度の単位はMbps・Gbpsと存在し、1,000Mbps=1Gbpsと表記ができ、MbpsよりGbpsの方が単位は上位になります。ちなみに速度が早ければ早いほど利用料金も高くなるというのは間違いで、提供エリアや、建物環境次第で変動します。現在最も普及されている速度は光ファイバーの100Mbpsで、利用できるサービスとしては高画質動画の視聴・映画やオンラインゲームなどの大容量のデータをストレスを感じることがなく安定して利用できる速度となっています。

ベストエフォート数とは?

ベストエフォートとは、「最大限努力はしているが品質は保証できない」という意味で、インターネット上で表記している速度数値は規格上の理論値のことです。多くのインターネットサービスはベストエフォートで表記しており、表記されている回線速度にはなかなか至らないという意味で、ある程度の回線の混雑には対応するが実効速度の保証はできませんということになります。しかし、全く通信ができないということはありませんのでご安心下さい。企業向けのサービスであるギャランティ型というのも存在しますが、ベストエフォート型とは逆に「必ず品質を保証します」という意味であり、機器の設置や回線の増設など必要なため高価なサービスとなっています。

早い遅いって結局どういうこと・インターネット速度のヒミツ

2016-01-04(月)08:00

Category:インターネット

 早い遅いって結局どういうこと・インターネット速度のヒミツ

インターネットは、メールやニュース、SNS、ゲームまでさまざまなサービスがあります。情報を得るため、または配信するためには、インターネットの早さが鍵になっています。あまりにも情報量が多いサイトへは、環境が整っていないと見ることができない場合や、快適に動画を楽しめないケースがあります。インターネットの早い・遅いのお話をしていきますので、参考にしてみてください。

インターネットの速度の目安

インターネットをご利用している方は、bpsという言葉を見たことがあるでしょうか。これはインターネットで使われている単位です。bits per second「ビットパーセカンド」を略して、bps「ビーピーエス」といい、速度の単位を示しています。1bpsでは、1秒間という時間で、1ビットのデータを送れるといった事を意味しています。ビットとは、最小単位であり、みなさんがよく見かけるのは、バイトという単位ではないでしょうか。1バイトは8ビットのことで、8つのビットをまとめたものが1バイトになります。自分の環境では、bpsの値はどのくらいなのかくらいは、把握しておきましょう。早いはずのbpsのはずが、なぜか遅くなっていてストレスを覚えるようなことがあれば、どこかに問題があるかもしれません。いつも利用しているパソコンの環境を知っておきましょう。

インターネットの速度が遅くなる理由

インターネットの速度が遅くて困っている方もいることでしょう。ここでは、考えられるいくつかの原因をまとめてみます。
1.まず、使用しているパソコンのスペックが古くて、回線を早くてしてもパソコン自体が処理しきれないで、情報を開くまで時間がかかってしまいます。CPUという、パソコンでいう頭脳を司る部分があり、CPUが古くなってくると、処理をするのが遅くなり、ブラウザを開くことも影響します。
2.ブロードバンドではなく、ダイヤルアップ接続で、ナローバンド回線にしていると、見たいサイトは限られてきます。動画をメインにしているサイトなどの閲覧は、ストレスが溜まることでしょう。
3.知らない間に、ウィルスに感染してしまうと、パソコン内部のCPUなどに影響があり、正常に処理をすることができず、遅くなることがあります。
4.速度が早い回線でインターネットに繋げていても、無線LANを利用していると、速度が思うように速くならないことがあります。電波が状態を悪くさせているかもしれないので、有線でも様子を見てみましょう。
5.周辺機器の問題になるケースもあります。ケーブルや、モデム、ルーターが、高速な回線に対応していないことや、技術的な問題があることもあります。”

インターネット速度改善のためにとるべき方法

インターネットの速度が、遅い場合の理由もあるということは、速度を改善する方法もあります。
1.周辺機器を確認してみましょう。経年劣化や高速なインターネットに対応していない機器もあるので、交換をすることで改善する場合があります。
2.ケーブルテレビや、ADSLなどでインターネットに繋げている方は、低価格で設けられているプランもあり、速度をある程度まで抑えられています。プランの変更もしくは、光インターネットにすることでも改善できることがあります。
3.ブラウザは定期的にアップデートを行っています。パソコンのブラウザが古くなってしまっていたら、アップデートをしてみることも良いでしょう。
4.インターネットを安全に利用するために、セキュリティ対策ソフトにより、ツールバーがブラウザの上部に付いていることがあります。ツールバーの影響でサイトを開く時間が遅くなることがあるのです。気になる方は思い切って、ツールバーの機能を停止してみましょう。
5.光インターネットなどの早くて快適な環境にしていても思ったような速度が出ない場合は、回線業者へ問合わせてみましょう。改善策があるかもしれません。”

知らないあなたは損してる?最近話題の光コラボについて

2016-01-02(土)08:00

Category:インターネット

知らないあなたは損してる?最近話題の光コラボについて

2015年にスタートした話題の光コラボですが、この言葉をご存知の方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。各事業者がキャンペーンを打ち出しNTTの光回線を独自のプランで販売している光コラボを知らないあなたは損をしているかもしれません。そこで今回は光コラボの各社比較を交えながらお伝えします。

光コラボとは

従来のインターネットは、NTTと回線契約を交わし、プロバイダと接続サービスの契約を交わしそれぞれ別々でしたが、光コラボとは、事業者がNTTから光回線を購入し、オリジナルのサービスを付加し再度お客様へ販売する流れをいいます。通信業界の変革とも言える光コラボですが、消費者にとっても大きなメリットがあります。それは先にも述べたオリジナルサービスのことですが、2015年のリリース当時から大きく打ち出している「docomo光」「SoftBank光」は、お使いの携帯電話の利用料金を1台あたり毎月約2,000円以上の割引をするサービスの展開を行っています。その他にも、TUTAYAやU-NEXTなどのビデオ・オンデマンドのサービスも提供している事業者もあり、サービスは様々です。光コラボを知らないともしかしたら損をしているかもしれません。

光コラボとフレッツ光の比較

では、フレッツ光と光コラボでは何が違うのかを比較してご説明します。まず利用環境に関しては、フレッツ光と光コラボ、どちらも変わりません。光コラボの提供者はフレッツ光を提供しているNTTなのですから当たり前ですよね。料金については、光コラボを提供している事業者各社が料金設定を行い販売しているので、比較しても必然と従来のフレッツ光よりも安くなる、あるいは同等の料金となる傾向があります。
光コラボの各社比較
“光コラボは、既に10社以上から販売が開始されていますが、光コラボを提供している主要会社の比較をしてみます。

-docomo光

戸建て5,200円〜/月、集合住宅4,000円〜/月
ドコモの携帯をお使いなら、docomo光パックの割引サービスで最大約3,000円の割引を受けることができます。

-SoftBank光

戸建て5,200円〜/月、集合住宅3,800円〜/月
ソフトバンクの携帯をお使いなら、一人あたり約2,000円の割引があるスマート値引きが受けられます。2年間で最大約48,000円の割引を受けることができます。

-@nifty光

戸建て5,200円〜/月、集合住宅4,000円〜/月
auの携帯をお使いなら最大1,200円の割引が受けられます。auにはスマートバリューという割引がありますがau光回線契約が条件となるので、auの光回線が届いていなく、au携帯を使用している地域の方は待望の割引制度です。

光コラボは、新規申し込み以外にも、「転用」と言うものがあります。「転用」を利用すれば既にNTTと光回線を契約中の方も、光コラボへ乗り換えが可能です。2015年現在も更に販売事業者が増えると言われています。異業種参入の可能性は大いにあり、「調剤薬局+光コラボ」で調剤予約が可能なサービスも登場してきているため、インターネット上で騒がれています。”

ページTOPへ