ネットワーク被害に関わる最新情報が満載
ウイルス対策やマイナンバー対策ならUTMが最適! インターネットセキュリティ対策なら【オフィスセキュリティ.com】

 
プロのアドバイスで悩みや疑問を解決!セキュリティに関する最新情報をお届け!オフィスセキュリティお役立ち情報

ネットワークセキュリティ強化に必要不可欠であるUTMの説明から、PCウイルスに関する情報、ネットバンキングの被害や手口まで、ネットワークセキュリティに関する最新情報をお届け致します!

\当サイト限定キャンペーン実施中/今ならUTM導入が最大50%OFF

たくさんあって選べない!インターネットセキュリティソフトを徹底比較

2015-12-28(月)08:00

Category:PCウイルス

 たくさんあって選べない!インターネットセキュリティソフトを徹底比較

インターネットのセキュリティは万全にしておきたいものですが、たくさんあるセキュリティ対策ソフトの中からどれを選べばいいのか悩んでしまうところです。セキュリティソフトは各社から販売していますが、それぞれサポートする範囲が異なります。そこで今回は、代表的なセキュリティソフトの比較をお伝えしますので、参考にしてみてください。

セキュリティソフトとは

インターネットは常時接続できる反面、常にセキュリティ被害にあってもおかしくない環境というリスクがあります。セキュリティ被害とはデータや個人情報がウィルスやマルウェアの異常な動作で、不正に抜き取られてしまう被害のことをいいます。そもそもセキュリティソフトは、ウィルスやマルウェアの検出から保護・排除まで行う役割を持っていますので、安全にインターネットを利用するには必要なものと考えていいでしょう。
主要セキュリティソフトの比較

主要セキュリティソフトの比較してみます。

ノートン セキュリティ

セキュリティ動作も常時軽く、脅威の検出率も比較的高く、個人情報保護、ペアレンタルコントロール機能など、機能が多くバランスがとれたセキュリティソフトになっています。より高度で安全な設定を行う際には、用語の理解が必要ですが、世界シェアナンバーワンという点は安心でして利用できるのではないでしょうか。

ウイルスバスター クラウド

ウェブブラウジングに特化しているセキュリティソフトです。SNSでの個人情報漏洩や、ウェブサイト経由での感染を危険信号を表示して警告してくれます。ネットバンキングやショッピングなどで、セキュリティ面で特に気を付けたいシーンでも、ウェブサイトとソフトが連動して自動入力してくれるパスワードマネージャ機能が便利に利用できます。国内シェアナンバーワンとなっているので、比較的どこでも購入することが容易です。

カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ

カスペルスキー社が提供するセキュリティソフトは、ネットバンキングなどで行われるマルウェアの不正送金などの対策に優れており、常にウィルス定義の更新がされているので、最新の脅威への対応も素早いです。またフィッシングサイトなどの悪質な詐欺サイトへのアクセスをブロックしてくれる機能も持ち合わせています。2014年のソチ五輪で情報セキュリティ部門を一任され、その際、多様なサイバー攻撃があったと言われていますが、開催期間中の被害は0件との実績もあります。こういった実績があるのも利用の対象になるのではないでしょうか。”

ページTOPへ