ネットワーク被害に関わる最新情報が満載
ウイルス対策やマイナンバー対策ならUTMが最適! インターネットセキュリティ対策なら【オフィスセキュリティ.com】

 
プロのアドバイスで悩みや疑問を解決!セキュリティに関する最新情報をお届け!オフィスセキュリティお役立ち情報

ネットワークセキュリティ強化に必要不可欠であるUTMの説明から、PCウイルスに関する情報、ネットバンキングの被害や手口まで、ネットワークセキュリティに関する最新情報をお届け致します!

\当サイト限定キャンペーン実施中/今ならUTM導入が最大50%OFF

やっぱり導入すべき?UTMの導入効果とその必要性について

2015-11-27(金)17:48

Category:UTM(統合脅威管理)

 やっぱり導入すべき?UTMの導入効果とその必要性について

UTMのメリットは、1台の機器の中にネットワークセキュリティに関する機能が集約させられる点です。購入コストを抑えるだけでなく管理コストも抑えられます。ネット上での脅威が多様化している現在、セキュリティ対策にUTMが大きな助けとなります。

UTMの導入効果

UTMのメリットは1台の機器にネットワークのセキュリティに関する機能が集約されていることです。購入コストを抑え、管理コストも抑えられます。セキュリティ対策機器が複数存在している場合、それぞれの設定に矛盾がないことが重要ですが、UTMの場合は1つの設定画面で一貫した設定が行えます。ファイアウォールとIPSなどの機能が連携しているのがUTMの大きな特徴です。また、ブランチオフィスなど小さなネットワークのセキュリティ確保にUTMを利用するのも有効な手法です。通常「誰が管理するのか」という問題がありますが、ほとんどのUTM製品は管理サーバーから遠隔拠点のUTMを管理できます。そのため、運用次第でブランチオフィスに対してハードを送って接続してもらうだけで、あとはセンター拠点の管理サーバーでコントロールすることも可能です。各種アップデートも自動で行われるので、UTMベンダーとの保守サポートさえ継続しておけば、ノーメンテナンスで高いセキュリティを保持できます。

UTMの必要性について

ネットの脅威への対策が必要となっている現代において、ネットを介在した攻撃は自分の能力を誇示するための「愉快犯」的なものから、金銭を目的としたものにシフトしています。この脅威から企業を守るために、電子メールには「スパム、ウイルス対策機器」を、インターネットの入り口には「ファイアウォール」「IDS/IPS」「VPN」を配置し、対策を行っているのが通常です。しかし、社内のセキュリティ向上のためにサーバーのウイルス対策、スパムメールフィルタ、Webフィルタと、バラバラのセキュリティ対策をしていくよりは、UTM1台を導入したほうが遥かに低コストで済みます。また、UTMで社内LANを完璧に守っておけば、サポート切れのOSも一定のセキュリティレベルを保ちながら使用し続けることができます。社内LANの最後の砦とも言えるUTMは、企業としてのエチケットとしてぜひ導入しておきたいものです。

まとめ

ローエンドのUTM製品は非常に安価な価格設定がされており、小さなネットワークセグメントでも積極的に導入することができます。さらに、エンタープライズ市場でもUTMは「速いファイアウォール、速いIPS/IDS」として注目されています。ローエンドはブロードバンドルータの置き換えとして、ハイエンドは速いファイアウォールとして、さまざまな場所でUTMが選択されています。UTMという言葉を耳にして久しいですが、「1台でなんでもできる」という段階から進化し、今では「1台でなんでもできる。しかも速くて安い」のがUTMの新しい特徴です。ネット上での脅威が多様化する現代において、セキュリティ対策に頭を悩ませるIT管理者にとって、UTMは大きな助けとなっています。情報セキュリティ対策は目に見えないため、費用対効果も目に見えないのが現実ですが、しっかり対策しておきましょう。

ページTOPへ