ネットワーク被害に関わる最新情報が満載
ウイルス対策やマイナンバー対策ならUTMが最適! インターネットセキュリティ対策なら【オフィスセキュリティ.com】

 
プロのアドバイスで悩みや疑問を解決!セキュリティに関する最新情報をお届け!オフィスセキュリティお役立ち情報

ネットワークセキュリティ強化に必要不可欠であるUTMの説明から、PCウイルスに関する情報、ネットバンキングの被害や手口まで、ネットワークセキュリティに関する最新情報をお届け致します!

\当サイト限定キャンペーン実施中/今ならUTM導入が最大50%OFF

次世代ファイアウォール、UTMを導入する際に見ておくべきポイントを解説

2015-10-08(木)16:02

Category:UTM(統合脅威管理)

マイナンバー制度の実施にあたり、私たち国民や企業が真っ先に考えることは、いかにこういった個人情報を守っていくかということです。パソコンの使用が当たり前になっている現代では、そのためのセキュリティ機能は大変重要です。そこで、セキュリティ機能として重要な位置を占める次世代ファイアウォールやUTMに関して説明していきたいと思います。

次世代ファイアウォール、UTMを導入する際に見ておくべきポイントを解説

次世代ファイアウォールとUTMの特徴・違い

ファイヤーウォールや侵入防止、仮装プライベートネットワーク、電子メールコンテンツのフィルタリング、ネットワーク活動の監視、マルチウェア保護、データ漏洩の防止などさまざまな機能をもったUTMシステム。UTMシステムとは、こういった重要なセキュリティ機能が1つにまとめられているもののことを指します。それに対して次世代ファイヤーウォールとは、従来型のファイヤーウォールでは、まったく制御ができない昨今のアプリケーションを制御する機能を搭載しています。次世代ファイヤーウォールは、禁止したアプリケーションを完全に遮断し、必要なアプリケーションのみを特定の利用者に許可することが可能です。つまり、さまざまなアプリケーションをしっかりと認識し、制御することができるシステムのことを次世代ファイヤーウォールと呼ぶのです。しかし、実際のところ最近ではUTMのほとんどがアプリケーションを制御する機能を持っており、次世代ファイヤーウォールもアンチウイルスやアンチスパムなどのさまざまな機能を持っているので大きな違いはそれほどないとも言えます。
導入に応じてチェックするべきポイント

次世代ファイアウォール

現在では、次世代ファイヤーウォールだけでなく、ほとんどのファイヤーウォールにアプリケーションコントロールは搭載されています。そのため、アプリケーションコントロールは当然のことで、それ以外のさまざまなサイバー攻撃への対応強化されたものが求められています。未知のマルチウェアを検知することを実現したパロアルトネットワークスや、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの次世代ファイヤーウォールやクラウド上のレピュテーション(評判)データベースを使って、悪意のあるURLなどへのアクセスを制御できる機能、レピュテーション・セキュリティ機能を持つ、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンの次世代ファイヤーウォールなどが注目されています。

UTM

ファイヤーウォールをはじめとするさまざまな機能が統合されたUTM。UTMを選ぶ際には、コンピューターウイルスを検知し、除去するアンチウイルス機能の比較や、無差別に送られてくるスパムメールを排除するアンチスパム機能、閲覧が必要なサイト以外をブロックするWEBブロック機能などを注視して比較する必要があります。数多くあるUTMの中から優れた機能を持つUTMを選ぶということも、マイナンバーを安全に扱うためには必要とされていることのひとつだと言えます。”

ページTOPへ